泳がせ釣りとライトショアジギング併用ロッド&リールを購入

二刀流、マルチプレイヤー、バイプレイヤー、、、

どうも、泳がせ釣りとショアジギングの併用ロッドを探していたTUMEDEKAです。

ライトショアジギングをしながら、泳がせ釣りもしたい丁度いい欲張りなロッドが欲しいと思っていたのだが、やっとロッド購入に至った。そんな邪道な考えを持っているのだが、釣具に資金を全精力を注げない私にとってはマルチなロッドが欲しいと思ってしまう。本当は専用ロッドとしてそれぞれ持っていたいけど、釣り場に何本もロッドを持っていくにも大変なので、マルチに活躍してくれそうなロッドをつ・い・に購入。

さ・ら・に、、、リールも購入。

 

今回購入したライトショアジギング・泳がせ釣り併用タックルを紹介。

 

ライトショアジギングと泳がせ釣り併用ロッド

今回購入したロッド。シマノ ディアルーナ。シーバスをターゲットとしたロッドでありながら、ライトショアジギングまで網羅できるラインナップが揃っている魅力的なロッドだ。

シマノ(SHIMANO) 18 ディアルーナ S96MH

 

メインはライトショアジギングとして使いたいと思っている。そして、泳がせ釣りとしても使いたい。となると、ロッドはどのラインナップを選べばよいのか。今回は下記のS96MHを購入した。

↓↓↓

 

メインはライトショアジギングとして使いたいと思っている。そして、泳がせ釣りとしても使いたい。となれば青物が掛かっててもいいように、パワーがあるものがいいと思いMHクラスにした。ロッドの長さは、106MHと迷ったが防波堤での釣りがメインとなると考えて、取り回しを優先して96MHにした。

 

ライトショアジギングと泳がせ釣り併用リール

ライトショアジギングと泳がせ釣りを併用して使うリール。私としてはライトショアジギングをメインとして使用を考えていたので、出来る限り軽いリール且つ、PE2号を最低でも150mは巻けるリール。

 

シマノ 18 エクスセンス CI4+ 4000MXG

 

エクスセンスci4+ 4000MXG に決定!

自重が245g。PEライン1.5号で200m、2.0号で150m巻ける。問題なし。シーバス専用機として販売しているが、ライトショアジギングにでも十分対応できる。さらにエキストラハイギアを選択したのもライトショアジギングにはハイギアがいいなと思っていた為、4000MXGで即決。

もうシーバスタックルじゃん!と言いたくなりますが、ライトショアジギングにはちょうどいいのでは。

 

合わせたタックルがこちら

黒黒黒!

 

メジャークラフト・ジグパラ30g、40gを試し投げ

投げた感想は、しっかり竿にジグの重さが乗り、かっ飛びます。30gがちょうどいい具合に、シャクリやジャークを加えられると感じた。30gが基準となる重さかな。バイブレーションや、ミノーも試したい。泳がせ釣りも試したら記事に挙げたいと思う。

 

泳がせに挑戦だー!

 

わたくしTUMEDEKAはインスタもやっております。

お気軽にご覧くださいませ。

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*