ショアジギングと泳がせ釣り併用ロッド

二刀流ロッド。

 

 

みなさん、釣れてますかー?

今ブームのショアジギングをやってみたいTUMEDEKAです。

ショアジギングといえば、その名の通り陸からメタルジグを投げて大物を狙う釣り。ショアジギングロッドは大物をターゲットとし、ロッドも硬く作られている。でも、できれば、ショアジギングもしながら、泳がせ釣りとしても使いたい。そうお思いの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。1本のロッドで多種多様使える方が釣りの幅も広がるのは間違いない。本当はそれぞれ専用のロッドが欲しいものだが、私の資金力では、コストパフォーマンスと汎用性のあるロッドを求める。今回はショアジギングロッドでかつ、泳がせ釣りとしても使えるロッドを選定してみる。

 

ショアジギングロッドとして、泳がせ釣りとして、のロッド選び

ショアジギングについて

ショアジギングではおおよそ20g~80gまでのメタルジグを使う。メインとして使うメタルジグの重さによって、

スーパーライトショアジギング・・・約5g~20g

ライトショアジギング・・・約20g~60g

ショアジギング・・・約60g~100g

とショアジギングの中でも上記のように分類される。

 

泳がせ釣りについて

基本的に生きエサを使って、エサとなる魚を海中に泳がせ大物に食わせる釣法。竿の長さは5m~6m程度の長さで、おおよそ2号~3号くらいの竿が使われている。オモリ5号~10号程度のものを使用したり、生きた魚をエサに付けて泳がせ釣りをしたり、泳がせ釣りの中でも多種多様あり狙う魚種によって仕掛けも変わる。

 

ショアジギングと泳がせ釣り併用ロッドの長さ

ショアジギングでは大体9フィートから11フィート(2.7m~3.3m)程度のロッドを使用する。泳がせ釣りでは5m~6m程度の竿を使用する。私は泳がせ釣りロッドとしても使える、メインはショアジギングロッドとして使いたいので、ショアジギングロッドを選択。波止場や、テトラでの釣りをメインで考えているので『短め』の9~10ft程度の長さを選びたい。磯場や、遠投での釣りをメインであれば『長め』の10ft、11ftクラスがいいだろう。

ショアジギングと泳がせ釣り併用ロッドの硬さ

ショアジギングロッドは、やはり高重量のメタルジグを使用することから、『硬め』のロッドを選択する方がいい。私は泳がせ釣りも併用と考えているが、基本メタルジグメインでの使用を考えているので、ライトショアジギング(20g~60gのメタルジグメインで使用)クラスのロッドを選択する。何グラムのメタルジグを投げるかによってロッドの硬さを選ぶことになる。私は30g~60g程度のメタルジグをメインとしたいので、ロッドの硬さはMH(ミディアムヘビー)。大きい青物が狙いであればH(ヘビー)がいい。

 

3大メーカー対象。ショアジギングロッドと泳がせ釣り併用ロッド

 

お値段とコストパフォーマンス性の高さを考慮して、店頭、ネットで並ぶ際には2万円以内くらいで考えると、以下のラインナップだろうか。

 

シマノ(SHIMANO) ショアジギング ロッド コルトスナイパー BB S1000MH

・シマノSHIMANOコルトスナイパーBB

サーフ、防波堤、磯など様々なフィールドで活躍するショアジギングロッド「コルトスナイパーBB」。ブランクスには強化構造「ハイパワーX」を全身に採用し、ショアジギングで必須となる遠投性能と青物に負けない強靭なパワーを兼備。メタルジグはもちろん、ペンシルやポッパーなど、多彩なショアキャスティングゲームを楽しめるハイパフォーマンスロッド。

※シマノホームページより抜粋。

 

ダイワ(Daiwa)ショアジギングロッド ジグキャスター MX 96MH

・ダイワ(Daiwa)ジグキャスターMX

ショアジギングに求められるのは、第一に遠投性能。遥か遠くのナブラや、回遊を狙うため、出来る限り広い範囲を探るためには遠投性が必要。場合によっては100g近くのジグを遠投し続けるのは至難の技。ジグキャスターMXは遠投性能のみならず、シャクりやすさも同時に追求した軽量・肉厚・細身設計。

※ダイワホームページより抜粋。

 

メジャークラフト ショアジギングロッド 3代目 クロステージ CRX-962MH

・メジャークラフト(Major Craft)三代目クロステージ 

ショアジギングで使用頻度の高い60g前後のメタルジグにピッタリのバーサタイルモデルです。特にキレの良いジャークを得意としていますので、緩急をつけた誘いでターゲットを攻略して下さい

※メジャークラフトホームページより抜粋。 

 

 

こんな万能そうなシーバスロッドもありでは?、、、

シマノ ディアルーナ

より軽く、より強く、をキーワードにさらなる進化を遂げた新生ディアルーナ。シマノ独自のロッドテクノロジーと、これまで磨き上げてきた設計・製造手法を融合させ、最大で前作比約14%(23g)もの大幅な軽量化に成功。スパイラルXとハイパワーXに加えマッスルカーボンよって、強度やパワーをロスしがちな軽量化を、高い強度を保持しつつ実現。すべてのシーンにおいて、クラス超のパフォーマンスを追求したロッドとして登場する!

※SHIMANOホームページより抜粋

 

ラインナップもまだ沢山あるが、ショアジギングとして使えそうなスペックを切り抜いてみた↓

ディアルーナはシーバスをターゲットとするロッドがコンセプトであるが、上記のスペック表の通り、30~50g程度のメタルジグ(ライトショアジギング)に対応していたり、ヒラメ、青物もターゲットにしているスペックもある。しかもロッド自重も180g程度。他のショアジギング用のロッドからすればかなり軽量だ。ショアジギング用として購入であればロッド自重は気にしないところだが、泳がせ釣りとしても多用途したい私は軽量のロッドの方がうれしい。

シーバスロッドが万能かもしれない。

 

シマノ(SHIMANO) 18 ディアルーナ S96MH 

 

 

実際に購入しました!↓↓↓

TUMEDEKAブログ

『泳がせ釣りとライトショアジギング併用ロッド&リール購入』

 

 

ショアジギングロッドもいろいろメーカーがあり、長さ、硬さも様々ラインナップが揃っていて悩む。まず、メインで使うメタルジグの重さを基準として硬さを選び、長さは、どのような場所で釣りをするかを基準に選ぶといい。

ショアジギングロッド欲しーーーーー!

 

わたくしTUMEDEKAはインスタもやっております。

お気軽にご覧くださいませ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*