ヤリイカ エサ巻きスッテ 変則編

ノーマルもいいけど、アブノーマルもいいよね、、

 

 

まだまだヤリイカ・ケンサキの釣果があるようですね。

前回の『エサ巻きスッテ編』ではウキのタックルを紹介したが、今回は変則的な仕掛けを紹介する。

ウキでのエサ巻きスッテは、投げ竿でウキでのアタリを基本とした釣り方になるが、変則エサ巻きスッテはエサ巻きスッテにエサを巻くまでは一緒。エサを巻いたスッテをエギングの要領で釣る方法。これはYouTubeの動画を配信されている方が実際にやっていて、自分も試した所本当に釣れた。実績はある。

ウキでやる釣法がノーマルなら、エサ巻きスッテはアブノーマルな釣法。

 

実際にエサ巻きスッテでのエギング実釣も行ってます。

          ↓

ヤリイカ & ケンサキ スッテでエギング作戦

 

 

用意頂く物

①日頃から愛用しているエギングロッド。

②毎日毎日磨きをかけた愛着のあるリール。

③釣り具屋さんの愛のこもったエサ巻きスッテ(鉛なし)。

④おイカ様に捧げる生贄となる聖なるエサ。

 

 

要するにいつもエギングをするタックルとエサ巻きスッテとエサがあればできる。

それって、『邪道エギング』じゃん。と思う方もいるであろう。

邪道エギングとは、エギの形そのままで、さらにエサが巻けるように針金が付いた、まさに邪道なエギのこと。

こんなエギもあったなんて知らなかった。でも釣れるに越したことはないよね。

 

 

最近よく聞くキーストンの邪道エギ。

KEYSTONE(キーストン) 早福型/邪道編 ピンクグローホワイト 3.5号 V1

餌を乗せてエギングをする、新感覚のエギ。早福型/邪道編。通称:邪道エギ 防波堤から狙う、冬のケンサキイカ、ヤリイカ、スルメイカ には、もはやなくてはならない定番商品となりつつあるが 警戒心の強いアオリイカにも、効果を発揮してくれる。 餌を乗せて潮に流しながら、フォールで喰わせる待ちの釣り。 大きくしゃくりアピールさせてイカを誘う、攻めの釣り。 だけど、エサがボロボロにならない程度にシャクリあげるのが、 理想的な邪道エギング。どれも新感覚。 早福型/邪道編が、新たな攻めの一手となるだろう。

*キーストンホームページより抜粋。

その他のカラーもラインナップ。

KEYSTONE(キーストン) 早福型/邪道編 フルグローホワイト 3.5号 V1

 

KEYSTONE(キーストン) 早福型/邪道編 イエローグローグリーン 3.5号 V1

 

KEYSTONE(キーストン) 早福型/邪道編 オレンジベースオレンジ 3.5号 V1

 

KEYSTONE(キーストン)早福型 全夜光 M号 オールイエローイワシ

 

 

そう。やってる事は邪道エギングと一緒。ただそれがエサ巻きスッテを使っているだけ。邪道エギングでやればいいじゃんとお思いでしょうが、、、その通りだ。

専用の方がいいだろう。ただ、ウキでも使う事ができるし、エサ巻きエギングもできるエサ巻きスッテがいいなと思う。

エサ巻きスッテエギングのメリット

①深さを自由に探れる。

 ウキ釣りとは違い、狙いタナをいちいち変える必要がない。

②手返しよく釣りができる。

 浮きは仕掛けを投げてじっと待つ釣りになるが、エサ巻きスッテは狙いのポイントを次々狙える。

③絡まったりライントラブルがない。

 余計な仕掛けを一切付けない為、ウキ釣りよりライントラブルがない。

 

 

ツメデカが使うエサ巻きスッテ

ヤマシタ(YAMASHITA) エサ巻テーラ 鉛無し

 

 

 

エサ巻きスッテにも鉛アリのものと、鉛無しのものがあるが、私は鉛無し。

鉛ありで試したところ、エサの重さと、鉛の重さでヒューーーン、と沈んでしまい扱いにくい。

鉛無しは、エサの重さでちょうどイイスピードでスッテが沈んでいく。イカにも長くアピールができる。

 

 

 

釣り方・アクション方法

・投げてエギングのようにボトムを取ってシャクるだけ。

・シャクる時は、激しくシャクるのではなく、優しくシャクる程度でいい。

・ボトムを取ったあと、ゆっくり底から巻き上げるように巻いてくるとヒットした事もあった。

 

 

ウキでのヤリイカ・ケンサキに飽きたら、少し狙い方を変えてみて、邪道エギ、エサ巻きスッテエギングをやってみてはいかかだろうか。違った釣果があるかも。

ぜひお試しください。

 

わたくしTUMEDEKAはインスタもやっております。

お気軽にご覧くださいませ。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*