必要最低限に釣りしてみよう~ミニマリズム

愛、、、それさえあれば生きていける、、、、。

どうも、お金と釣り具とがあれば生きていけるTUMEDEKAです。

前回の記事で紹介した通り、必要最低限のアジング。

いつものTUMEDEKAの釣り負けパターン

↓ 荷物多い、移動ダルイ。

↓ この場所で粘ろう。

↓ 釣れない。

↓ ああ、移動してたら良かった、、、、

 

だいたい、釣れづに変える時はこのパターン。

やっぱり、場所移動、ランガンは必要である。移動した先に情報がある。移動して釣れなくても情報は得られる。

これが、荷物が軽量であればランガンもし易いと思う。

 

ランガン使用のバッグ

持ち物を極力少ない状態でアジングをしたい!という思いから、兼ねてから購入を考えていた必要最低限で動ける

バッグを実際に購入した。

それがこちら↓

TICT ミニマリズム アクティブバッグ

前回紹介した通りの、TICT ミニマリズム アクティブバッグ  。

ん~~。実に必要最低限。

実際にワームケースなどを入れてみた↓

①ジグヘッドケース・・・100均のピルケース

②ワームケース・・・メイホウ(MEIHO) ライトゲームケースJ

③ショックリーダー

 

まだまだバッグの中には入る容量はあったが、最低限この3つとロッド、リールがあればアジングができる。

まさに、ランガンスタイルには持って来いです。

これに、糸切ハサミ、フィッシュグリップを装着すれば完璧。

 

ミニマリズムアクティブバッグ

※TICTホームページより抜粋。

ベルトに通したり、カラビナフックで掛けたりできて、腰の位置で装着できるので、ショルダーバッグのように、

肩への負担、肩への不快感がないのは私にとっとはGOOD。

 

必要最低限な釣りもいいのではないでしょうか?

 

ランガンスタイルアジングを始めよう。

 

わたくしTUMEDEKAはインスタもやっております。

お気軽にご覧くださいませ。

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.

 

 

 

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*