島に渡って釣りに行こう。

島を渡って釣り、、、、釣り人のロマン。

 

どうも、連休があったら島へ釣りに行きたいTUMEDEKAです。

 

みなさん離島へ釣りに出かけた事はありますか?離島の魅力としては、大物が釣れる。魚種が豊富。魚がスレていない。など離島・島での釣りのイメージはかなりいい。離島へはフェリーに乗ったり、漁港にて渡船してもらったり、、、

私は、近郊のフェリー乗り場から離島へ釣りをしに行った事がある。その時はキロアップの春イカを仕留めた。夕方の最終便に乗り、朝一の便で帰る。まさに釣りの為だけにフェリーで島へ。

そんな時、道具をフェリーに預けるのだが、預ける際は注意すべきこと。

 

道具を預ける際、釣具の破損、盗難等は保証がない事。

つまり自己責任となる。ほとんどの場合は荷物を預けた後の責任は自己責任となる事がほとんどだ。

滅多にない事だとは思うが、念には念を。

 

フェリー・渡船する際に必要なアイテム

 

ロッドケース

セミハードタイプのロッドケースがいい。一度フェリーにて島へ渡った時、ロッドを購入した時に付属されるテロンテロンの布ケースにいれて預けたところ、ものの見事にティップ部が折れていた、、、大切に取り扱いしてくれていたのだろうけど、もちろん預けた後は自己責任であり免責。当時は本当に後悔した。なので、せめてセミハードタイプのロッドケースに入れて道具を預けよう。

 

ロッドが1ピースロッドや、パックロッドなど仕舞寸法によって、適応するケースも違いがあるのでよく確認しよう。

アブガルシア(Abu Garcia)セミハードロッドケース WOODLAND CAMO

 

 

 

 

クーラーBOX

狙う魚種にもよるが、あまり大きなクーラーBOXだと持ち運びが大変だ。その島にレンタカーなどあればいいが、車が借りれない島であれば、小さく最低限なクーラーBOXが良いだろう。大きなクーラーBOXを持っていくならば、持ち運び時に楽なコロコロ付きのクーラーBOXが良い。

 

魚種ターゲットが小さめのクーラーBOX

DAIWA クーラーボックス クールライン S600X ホワイト

 

魚種ターゲットが大物狙いのクーラーBOX キャスター付きで持ち運びがラク。

SHIMANO クーラーボックス 35L スペーザ ライト キャスター付

 

離島での釣りは格別。釣れる魚種もサイズもロマンが満ち溢れている。

是非、離島渡って釣りをしてみてはどうでしょうか。

道具の準備は万全に。

 

わたくしTUMEDEKAはインスタもやっております。

お気軽にご覧くださいませ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*