アジング・メバリング のタックル リール編 

コンパクトで軽量がええんかな。

アジング・メバリングを始めよう。

 

前回の投稿ではロッド選びについての記事を書いたが、今回はアジング・メバリングのリール選びについて考えていこうと思う。しかし私は現在、余っているリールが1台あるので、とりあえずそのリールで。

 

リール選び

【リールの大きさ】

まずリールの大きさについてだが、リールにも大きさというものがあり数字で表記されている。陸からの釣りでは1000番台~5000番台くらいまで使うことがある。この1000、2000、という数字がリールの大きさを示す。そこでメバリングでのリールではどの番手がいいかというと、シマノで言えば1000、2000番。ダイワで言えば1500、2000番が良い。リールの番手の数字はリールのサイズでもあるが、リールに巻けるラインの量も関係してくる。メバリングでは細いラインを使う為、大きな番手のリールだと必要以上にラインを巻いてしまうこととなりオーバースペックとなってしまうだろう。シマノでは、3000 c3000と表記があるが、『C』とはコンパクトボディの意味であり通常の3000番のリールサイズより小さく作られている。

 

【リールのギア比】

リールにはギア比というものが設定されている。簡単に「ギア比」を説明すると、リールのハンドル一回転させた時に、スプール(糸巻き部分)がどれだけ回転するかを表したもの。ハンドル一回転でどれだけラインを巻けるかを表している。ギア比の数値が高い程、ハンドル一回転させた時のライン巻取り量が多いという事になる。メバリングでは、ワームやルアーを一定の速度でゆっくり巻く場面が多い。この『ゆっくり巻く』、『一定の速度で』というポイントを考えると、。メバリングでは、ギア比が低い方、つまり『ローギア』と呼ばれるリールの方が有利だと思う。『ハイギア』のリールでもゆっくり巻けば関係ないと思うが、私はリールのハンドルを超ゆっくり回す事がじれったく感じてしまうので、そもそも『ローギア』のリールで普通にゆっくりハンドルを回した方がストレスなくハンドルを操作できると思う。早くビュンビュンとワーム、ルアーを動かしても釣れる事はあるかもしれないが、いままでの経験上、活性が高い場合を除き仕掛けをゆっくり巻いて誘った方が釣果に繋がっている気がする。ただ、テトラ周り、沈み根を、ワーム・ルアーでリフト&フォールで釣る場合は、仕掛けを巻いて誘う釣り方ではない為、一回転のライン巻取り量が多い『ハイギア』リールで手返し良く探る方が良いと思う。

 

【リールの重さ】

リールにはリール自体の重さがある。メバリングに関してはラン&ガンしてキャストする。この工程を繰り返す。キャストを繰り返すとだんだん疲労感も感じてくるだろう。キャストするのに疲れないにこしたことない。やはりリールは軽い方が疲労ストレスなく釣りが続けられると思う。私が使用しているリールはシマノツインパワー2000sを使用している。リール自重は205gと軽量の部類に入るだろう。このリールを使用していて疲労を感じる事はない。釣り具市場においても、大きく言えば、『重い=値段安い 軽い=値段高い』のような値段設定となっていると感じる。技術が発展しどんどん軽量化されるリール、ロッドが発売されている。現在では軽いリールも手頃な値段で購入できるようになっている。しかし、リールが軽ければ軽い程イイとは言えず、ロッドとリールを実際に組み合わせてみてバランスがいいか、が重要である。重いよりは軽いがイイと思う。値段とリール自重とを相談しながら購入してみればいいのではないだろうか。

 

【ツメデカが選ぶリール】

私は現在シマノ08 ツインパワーc2000sを使用している。自重205g  ギア比5.0  ハンドル一回転 66cm 今も使用しているが不満点はない。現在市場では様々なリールが発売されている。過去に比べれば、技術も進歩し軽量化、剛性、防錆、リールカラーも進化している。そんな中、もし次にリールを購入するとなれば、これだ!と思うリールを紹介してみる。

 

SHIMANO スピニングリール 16 ストラディックCI4+ C2000S 

 

NEWマグナムライトローター搭載。 別次元の巻き出しの軽さ! 新開発「NEWマグナムライトローター」を搭載することにより大幅な軽量化、巻き出しの軽さを可能にしました。ボディ素材、ローター素材には軽量カーボン素材であるCI4+を採用し、体感的な重さを軽減するGフリーボディなどを装備することで優れたクイックレスポンスを実現します。 精密冷間鍛造「HAGANEギア」、防水性を高める「コアプロテクト」などの高耐久性能も充実。幅広い釣りに対応するマルチユースなクイックレスポンスモデルです。

※SHIMANOホームページより抜粋

 

軽量・コンパクトな低慣性ローターが生み出す『巻出しの軽さ・優れたリーリング感度』を特徴とするシリーズ

技術特性

  • “HAGANE”ギアX-SHIPNEW マグナムライトローターコアプロテクトGフリーボディAR-CスプールCI4+S A-RBワンピースベール海水OK

※CI4+:ボディ素材&ローター素材。
 
私も今エギング用でシマノストラディックCI4+を使用している。本当にコストパフォーマンス良し、軽い、カッコいい!形から入る私にとってはうってつけのリール。カラーも現代的で、メタルボディにレッドがイカします。ストラディックにもc2000sがあり、自重もなんと160g!! 軽い。次にメバリング、アジングでリール購入するならストラディックがいいな。
 
 
 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*