アジング・メバリングタックル ロッド編

アジングもメバリングもできるロッドがええな。

アジング・メバリングを始めよう。

と思い、メバリングロッドをセレクトした訳だが、メバリングロッドにも沢山の種類がある。メバリングでは繊細なアタリや感度を感じる事が大事でありそれを逃さないようにする事が重要とのこと。

 

ロッド選び。

メバリングロッドにはソリッドティップ、チューブラティップがある。

メバリングロッドにはチューブラティップとソリッドティップがある。ロッド内が中空洞になったチューブラー構造。ソリッドは中に空洞が無く、穂先にソリッド素材が使われている構造。

それぞれの特徴を見てみよう。

 

■ティップ(穂先)の種類

【ソリッドティップ】

穂先が柔らかいため、アタリを弾く事が少なく、自動的に魚が掛かるようになる。前アタリもなしに、いきなりガン!とヒットすることがあるが、アワセ(フッキング)を意識的にしなくても、穂先が柔らかい為、自動的に魚が掛かるのがソリッドティップのメリットである。主に、単体ジグヘッドでのワームの巻きの釣りに向いていると言われている。筆者としては、小さなアタリもなるべく逃したくないし、アワセ(フッキング)をしてはならない訳ではない為、自動的に魚に掛かるメリットと、自身で軽くアワセを入れ、より魚をバラさないようにしたい。との思いがありソリッドティップを選択する。

【チューブラティップ】

ソリッドティップとの違いは、ロッド内が中空になっており、魚が仕掛けに触ったり、アタックしてきたアタリが手に取るようにわかる構造になっている。アタリを弾きやすい!ということではなく、アタリの感度がいい為、アタリを自身で掛けるという釣り方になる。ソリッドティップのように自動的に魚が掛かるというよりは、穂先に空洞がある為、魚のアタリを感じることができ自らアワセを入れて魚を掛ける。掛けた!というゲーム性を重視したい人はチューブラティップの竿が良いかもしれない。単体ジグヘッドでのワームでの釣りもしかり、ルアー、メタルジグ等のハードプラグを扱うにはチューブラティップが向いているようだ。筆者もテクニックと、お金に余裕ができたらチューブラティップのロッドも購入したい。

 

■ロッドの長さ

 

【ロッドの長さ~長いロッド】

8ft~9ftくらい

まずは、長いロッドが良いのか、短いロッドが良いのか?それぞれのメリットを考えてみる。

単純に長いロッドはキャスト時の飛距離が伸びる、ロッドのしなりを利用した遠投もでき、「遠くにルアーを届かせたい」という方は8ft以上の長いロッドが有利だと思う。メバリングに遠投が必要な場面がどれだけあるのか?と思うが、狙うポイントが沖に点在する沈み根周りある場合だったり、常夜灯の明るい部分の先の暗い方へ投げる場面が想定される。メバリングロッドに限り、長いロッドは「フロートリグ」(1g程度の軽量リグを扱うことの多いメバリングに、5g〜20g程度の飛ばしウキを付けることによって超遠投ゲームを可能とするものです。)の使用を前提に作られている場合が多いようだ。足場の悪い地磯だったり、海面まで5m以上ある堤防だったり、数メートルに渡り消波ブロック(テトラ)が入っている場所だったりと、足場の高い(悪い)場所で釣りをする場合、長いロッドのほうが扱い易い。テトラを避けて魚を抜き上げる時や、足場が悪い場所での仕掛けの取り回し、ラインの操作する場合は有利に思える。足場の良いテトラ、地磯、波止場なんかでは、フットワークを駆使して短いロッドで取り回しよく釣りができると思う。自分が普段行くフィールドがどのような場所であるかを考慮しロッドの長さを決めても良いと思う。

 

 

【ロッドの長さ~短いロッド】

6ft~7ftくらい

短いロッドはまず疲れにくい。何故なら長いロッドは自重が重くなり、短いロッドは自重が軽くなり、重さの面で短いロッドの方が疲れにくいと分かる。さらにキャストする際も軽いロッドを振れば、長いロッドよりも短いロッドの方が疲れにくと思う。1、2時間ほどの釣行だと長いロッドと短いロッドとではさほど疲労感を感じることがないかもしれないが、8時間も10時間も釣行する場合になると疲労感でいえば、短いロッドの方が分があると思える。次にキャストする場合、遠投の能力でいえば長いロッドの方がいいが、遠投を必要としない場面や、足元の波止場の壁際を攻める際には短いロッドの方が扱いやすい。また、ピンポイントにキャストしたい場合は短いロッドの方が仕掛けをコントロールしやすい。ショートロッドのほうが扱いやすい。最初は7ft程度のショートロッドから入門し、フロートリグを使った遠投の釣りや、地磯に入れる装備をそろえたら、ロングロッドにしていこうと思う。

 

 

■私が購入したアジ・メバリングロッド

私は、ロッドを選ぶ際には、どのようなフィールドで釣りをするのかを考慮し、選択するようにしている。私は、漁港の波止場で常夜灯周りを中心に攻めたいと思っている。少し沖に向かって遠投もしてみたい気持ちもあるが、どちらかといえば常夜灯、テトラ周りをメインとした釣りを考えているので、ショートロッドにしようと思う。そしてティップの種類はソリッドを選ぶ事にした。私はメバルを狙うと言っているが、心の隅ではアジも狙いたいと思っている。アタリを自ら掛けたい!というゲーム性にも憧れるところもあるが、ロッドの能力を生かし、小さなアタリも逃さず、釣れる数も増やしていきたいし、ジグヘッド単体でのワームの釣りにしようと思っているからソリッドティップにする。自分に合った、目的に合ったロッド選ぶにはとても難しいと思っているかもしれないが、自分がやってみたい釣り、近場にどのような釣り場ポイントがあるか、短時間での釣行、長時間粘っての釣行、ロッドの色、どこに着目を置くかで決まってくると思う。最後にここまでロッド選びについて考えを述べてきたが、青色のロッドが欲しい!と思っていたので今回はこのロッドにする。所有感、愛着が大事ですよ。

 

Abu Garcia ソルティーステージ メバル STMS-762ULS-KR

 

【高感度・繊細ソリッドティップの乗せ調子モデル!】極細ソリッドティップのエクストラファーストテーパー。ウルトラライトアクションで超ショートバイトもオートマチックに早掛け可能なモデル。ジグヘッドのただ巻き攻略が得意。1g前後のジグヘッドが扱いやすいモデル。取り回し抜群なグリップ長さで、数釣りに向いている。非常に汎用性が高く、初めの一本としてオススメのモデル!

※Abu Garciaホームページより抜粋

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*