豆から挽くコーヒー

なんちゃって豆を挽いてコーヒ飲むマン。

どうも、普段はインスタントコーヒーを、うんめぇうんめぇ言いながらガブ飲みするTUMEDEKAです。

今回は、コーヒーを豆から挽いて飲むお話。

まったくもってコーヒーは飲む程度のもんで、知識なんて全くないのですが、

ある日、知人からコーヒ豆をもらった。豆を挽くモノがいる、、、

てことで、コーヒーミルを買わなければならない状況になったのである。

 

豆を挽くコーヒーミルとは

コーヒー豆は過去に一度もらった事があったが、その時はコーヒーミルで挽くなんて分かんなくて、トンカチで

砕いた、、、、とんでもない労力と時間が掛かかって諦めた、、、。

コーヒーミルは、豆をスムーズにかつ素早く引ける代物。早く知りたかった、、、いや、調べろよ!w

コーヒーミルには手動式と電動式がある。

 

TUMEDEKAが購入したのは手動式。

電動式は素早く、量も多く引けて効率的である。手動式はコーヒー豆を自分の手で挽く事ができて、手間を掛けながら

、挽きながら香りを楽しみながらってのが醍醐味なんだと勝手に思って手動式にした。それと手動式はコンパクトで、アウトドアにも持ち出し可能だから、釣りのひと時に自分で挽いた豆で一杯なんてことも、、、

TUMEDEKAが購入したコーヒーミルがこちら

BONMAC(ボンマック)のハンドコーヒーミル

※ホームページより抜粋

シンプルでカッコイイでしょー。

なんといっても日本製で職人さんが手掛けているところに惹かれた。豆を挽く為の刃がセラミックになっていて

お手入れは水洗いが可能だし、刃がこぼれにくいのもセラミックの特徴だそうで、、、

あと、釣り好きの私にとっては、このシルバーに木製のハンドルが、アンタレスにコルクノブを付けたようなカラーリングでとても惹かれたw

豆はこれから購入しながら自分にあったコーヒーを探そう。

 

自分でコーヒー豆を挽く時間をプレミアムですよね。

さ、コーヒー飲もう。

 

SNSでもご購読できます。